誰でもできる!簡単副業案内所 本当に稼げる方法教えます

〜副業で月10万円稼げるようになるサラリーマン応援サイト〜

【番外編】SoftbankのiPhoneを格安SIMに変える方法【節約】

   

maxresdefault
前回の新電力についての投稿が意外と好評だったので再び節約についての投稿をひとつ。

今このページを見ているほとんどの方はおそらくスマホをお持ちだろう。

月々のスマホ代はいくらかかっているだろうか。

5,000円?10,000円?それとも20,000円以上?

毎月支払うものなのでできるだけ安く抑えたいというのが心情だ。

そして、最近何かと話題の格安スマホだがSoftbankの電波を使用した格安SIMを出している会社が今現在出ていない(2016.6.10現在)

ということは現在Softbankを利用している人が格安SIMに移行するには

1.現在使用しているSoftbank端末をSIMロック解除し、格安SIMへ乗り換える

2.Softbankを解約し、格安SIM会社の端末(SIMフリー端末)を購入、新規契約する

3.docomo、またはauの中古端末を購入し、docomo系の格安SIM、au系の格安SIMの会社と契約する

おおよそは上記のいずれかである。

Softbank端末でもSIMロックが解除できるものは一部の端末のみで、iPhoneに関しては6S、6SPlus、SEのみしかSIMロック解除を行っていない。

SIMロック解除対象機種はココから確認

現在SoftbankのiPhoneを持っているのに格安SIMの利用ができないがため、格安SIMへの移行を踏みとどまっている方は多いだろう。

今回はそんな悩みを解消できる方法を書いていく。

まずはとにかくSIMロック解除

上記でも記述したとおりSoftbankショップへもって行きSIMロック解除をしてもらえるのは6S、6SPlus、SEのみである。

しかしこれは日本国内のみでの話であり、海外のサイトへ行けばSIMロック解除のサービスを行っているところが数多くあるのだ。

そう聞くと、海外へiPhoneを送らなければいけないのか?と思うがその必要はない。

このサービスは端末のIMEI番号を送れば遠隔でSIMロック解除を行ってくれる。

IMEI番号はiPhoneの「設定」→「一般」→「情報」の順に開けばわかる

これは通称ファクトリーアンロックと呼ばれるもので、SIMロック解除の方法として最近日本でも定着してきている。

SIMロック解除の方法としては他にR-SIM 10というアダプタを利用しての方法(通称下駄)もあるがこちらは頻繁に県外になったりするのでお遊びとしてはいいかもしれないが、メインで使用するのであればあまりオススメはしない。

※ちなみにR-SIM 10はamazonで1,000円以下ぐらいで購入可能だ 使用方法については自己で調べてほしい

ファクトリーアンロックの方法

「iPhone factory unlock」で検索をかけるとファクトリーアンロックをしてくれる業者がたくさん出てくる。

中には10$前後でアンロックすると謳っている業者もあるが、あまりにも安い業者は詐欺の可能性が高いので避けるべきだろう。

数あるファクトリーアンロック業者のうちオススメできる業者は以下の二つ

小龍茶館

shouryuu

日本人が運営しているので安心感がある点では○

解除依頼後1日~10日前後で解除完了となる。

しかし価格は以下の通りなのではっきり言って高い(2016年6月10日現在)

  • iPhone 6s/6s Plus:29,800円
  • iPhone 6/6 Plus:28,800円
  • iPhone SE/5s/5c:24,800円
  • iPhone 5:22,800円
  • iPhone 4s/4:19,800円

そして結局は代理店でありロック解除事態は欧米などの企業に依頼しているとのことなので、安心感を買いたい人以外はサービスが価格に見合わないかもしれない。

そこで筆者がオススメするのは以下のショップ

The fone shop

こちらは英語のサイトではあるがiPhoneのSIMロック解除料金が52$と上記に比べると格安である。

そして、私自身もこのサイトでSoftbankのiPhone5のファクトリーアンロックを申し込み、1週間ほどで問題なく解除された。

では詳しい手順だがまずはアカウントの登録が必要となる。

foneshop1

1.サイトにアクセスし左上赤丸部分ののSign inをクリック

 

foneshop2

2.画面が切り替わったら赤丸のSign upをクリック

 

foneshop3

3.上記のように漏れのないように記入し画像認証の数字を入力後一番下のREGISTERをクリック

4.すると登録したメールアドレスに登録確認メールが届くので、メール内のリンクをクリックして認証を完了させる。

 

foneshop4

 

5.ログインして左上のMenuをクリック

 

foneshop5

6.メニューが開くのでその中からiPhone worldwide unlockをクリック

 

foneshop6

7.上記のものを選択する(5,5Sの場合別のメニューを選択)

 

foneshop7

8.IMEIを入力しUNLOCKをクリック

このときに残高不足というエラーが出る場合先にクレジットをチャージしなければならない。

出なければ後から支払い方法を選択する。

 

foneshop8

9.クレジットのチャージ方法はサイト上部のBuy Creditをクリックする

 

foneshop9

10.上記のように入力し、BUY CREDITをクリックすればクレジットがチャージできる。

 

クレジットカードはVISAとマスターカードが利用可能で、Paypalの口座を持っていればPaypalで支払うことも可能だ。

支払いが完了すれば、あとはロック解除されるのを待つだけだ。

ロック解除が完了すると、登録したメールアドレスに以下のようなメールが届く。

foneshop10

 

このメールを受け取ればSIMロック解除完了となるので他のdocomoのSIMなどを挿して使用できるか確認しよう(auのSIMは通信方式が違うため使用不可)

ロック解除が完了しているならば、エラーは起こらないはずだ。

エラーが起こらないことを確認したら格安SIMの会社とMNPで契約し、Softbankは解約してしまおう。

これでSoftbankのiPhoneでも無事に格安SIMを利用することができる。

月々のスマホ代をグッと安くすることができ、非常にお得なので是非実践してほしい。

ファクトリーアンロック後、iOSをアップデートすると再ロックされるという報告もあるようだが今のところそのようなことはない。

万一再ロックされた場合でも2ヶ月間は保証があり、再度ロック解除を行ってくれるようだ。

しかし、ファクトリーアンロックは非公式であるため実行する際は自己責任で願いたい。

 - 節約 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

BK2_141202_05
【番外編】電力自由化で電気代を節約!新電力は結局どこが安い?【節約】

2016年4月から一般家庭向けにも電力の自由化が開始された。 新電力事業者(PPS)が次々に参入し、選択の幅が急激に広がっている。 では結局どの電力会社が安いの …