【貸出業】空いてる時間だけでもOK!自宅の駐車場を貸し出して家計の足しにしよう

貸出業

駐車禁止の取締りがどんどん厳しくなる昨今、一方で都市部では駐車場が慢性的に不足し、料金も高額になっている。

土地活用の方法としても駐車場は優秀で、需要のある地域では思いもよらない売上をあげている。

そんな駐車場ビジネスに、個人が参入できると聞けばどうだろうか?

今回は空き駐車場があればほったらかしで稼げる。そんなことが可能な副業について紹介しよう。

スポンサーリンク

空き駐車場を有効活用

自宅の駐車場を他人に貸し出すサービスに「akippa(あきっぱ)」というものがある。

マイカー通勤で、平日の日中は車庫が空いている。自宅に二台分の車庫があるが一つしか使っていない。など空いている駐車場を他人に貸し出すことで収入を得るビジネスだ。

価格設定に関しては自動的に周辺のコインパーキングより少し安い絶妙な価格設定をしてくれるので自分で調査する必要もない(もちろん自分で価格を決めることも可能)

スポンサーリンク

借りる側、貸す側はwin-win

このビジネスの面白いところは借りる側も貸す側もお互いにメリットがあるwin-winの関係ということだ。

どのようなメリットがあるか紹介しよう。

借りる側のメリット

  • ネットで事前予約ができるので駐車場が当日現地まで行って駐車場が空いていないということがない
  • 支払いはネット上で事前にクレジットカード支払いなので清算も簡単
  • 周辺のパーキングより安い価格で停められる

貸す側のメリット

  • 自分は全く何もせず(登録は必要)勝手に稼いでくれる不労所得がうまれる
  • 自動的に振り込まれるのでお金の管理が不要
  • 対人・対物保険に入っている車しか利用できないので車庫内で事故が起きても保険がおりる
  • 事前にどの車が利用するかを知ることができるので不正はできない

以上のように不安な点もしっかり解消されており、いいこと尽くめである。今後ますます発展していくビジネスであることは間違いないだろう。

また、月極め駐車場を経営している人も、空きがある場合駐車場シェアリングサービスに登録することで本来得ることのできなかった収入を得ることができる。

場所によっては月極めの利用料を上回る収入になることもあるだろう。

同様のサービス

駐車場シェアサービスはほかにも多数あり、有名どころでは古くからある「軒先パーキング」や、最近コインパーキング業界大手のTimes(タイムズ)が運営する「タイムズのB(ビー)」、手数料最安の「特P(トクピー)」などがある。

わかりやすいように下記に表にしてみた。どのサービスをメインに扱うかは、好みが分かれるとは思うが、利用率を上げるのであれば複数申し込んでおくのがベターだ。

  akippa 軒先パーキング タイムズのB 特P
時間単位 15分単位
キャンセル料 前日まで無料
オーナー初期費用 無料
オーナー解約金 無料
ユーザーの支払い方法 クレジット・PayPay・携帯キャリア決済 クレジット・PayPay・Apple Pay・携帯キャリア決済 クレジット・Apple Pay クレジット
手数料 53.7% 35% 40% 30%(業界最安)

まとめ

駐車場をシェアするという新しい形のビジネスいかがだっただろうか。

都心部や、観光地、球場やコンサート会場など人の集まる場所の近くに空き物件を持っている場合は迷わず登録するべきだろう。

また、普段車を使わない人であれば、カーシェアリングという方法もある。

そちらも近いうちに紹介しようと思う。

難易度:★☆☆☆☆

稼げる度:★★☆☆☆

コメント